日焼けで赤くなりやすい人と黒くなりやすい人

日焼けをすると赤くなりやすい人と黒くなりやすい人といますよね。
この違いは何なのでしょうか?紫外線から受けたダメージはいろんな出方がありますけど、メラニンを作るメラノサイトの数は個人差はあんまりないんだそうです。

どうやら、赤くなりやすい人と黒くなりやすい人の違いとは、メラニンの作られ方が関係しているそうです。紫外線を浴びたとメラノサイトが感知してから、メラニンの作られる量や反応のスピードは、人それぞれで違います。

メラニンは肌の防御作用によるものですから、メラノサイトの反応が敏感な人は黒くなりやすく、鈍感な人は赤くなりやすいと言えるそうです。あまりに、メラニンができすぎるのもシミとかの原因になりそうで嫌ですが、赤くなるのも炎症をおこしてヒリヒリするので嫌ですね。

やはり、紫外線は美容の敵。BBクリームを塗ったり、UVケアもできるものを使ったり、エステサロンで対策を練ったり、しっかり対策していきたいですね。